七日町通りまちなみ協議会

協議会について

七日町通りコンセプト「商業文化が息づくレトロな町並み」

七日町まちなみ協議会とは…
七日町通りに残る歴史的な建物を保存、修景しながら、城下町らしい特色の商店街の
再生と地域コミュニティの再構築を目指して、平成6年3月に「七日町通りまちなみ
協議会」を立ち上げました。以来、店舗の改修や空き店舗対策などに取り組んできました。


協議会の取り組み「町並みが生まれ変わり、賑わいが復活」

協議会発足当時、3軒に1軒が空き店舗といった七日町通りでしたが、約30軒の空き店舗が解消され、魅力的な町並みがよみがえりました。現在は会津若松市のまちなか観光のモデル地区として年間約30万人の観光客が訪れています。

協議会について
協議会について